ソバという植物

ソバはタデ科の植物で、近似種に「赤まんま」と呼ばれるイヌタデがあります。

一般的に穀物はイネ科の植物で、種を蒔くと細い芽が一本出てきますが、ソバは大きな双葉が見られます。でも穀物のように利用できるので疑似穀物と呼ばれます。

生命力が強く全国どこでも育ち、実を付けることから俗に「蕎麦は肥料が要らない」と言われることもあります。

昔から蕎麦を作り続けている農家でも蕎麦の種を蒔く前に特に肥料を入れないところは多かったようです。

にのまえが蕎麦の栽培をお願いしている水府、金砂郷地方の伝統的な農業は5種類の作物を2年で育てて1サイクルとするものです。代表的な例が、大麦→たばこ→蕎麦→小麦→大豆です。

この連作の素晴らしいことは、それぞれの作物が同じ畑で毎年作られないという事です。連作障害も効果的に防ぎ、地力を保つ知恵の賜物なのでしょうが、お金を生むたばこの栽培も同じ畑では1年空けるという勇気には感服せずにはいられません。

この地方のたばこは水府煙草と呼ばれ、恩賜の煙草に使われた品質の非常に高いもので、一家の生活を支える優秀な換金作物でした。そのため質の良い堆肥などの有機肥料がたっぷりと与えられましたので、たばこの栽培後の畑は非常に土地が肥えていまして、そこに植えられた蕎麦は健康的に育つことができました。

大抵の畑は水はけがよい急な斜面にあるので雨が降ると肥料分の一部は流れ出しますが、蕎麦は発育初期に多くの養分を必要とする植物なので前作の肥料で十分に成長できたのです。

さて、水はけのよい斜面の畑で育った山の蕎麦と平地の蕎麦の違いを比べてみましょう。

どちらも土地が肥えていれば、平地のほうが圧倒的に収量は多く、一反(10アール)で4俵収穫できることも珍しくありませんが、山では良くて2俵です。

その主な違いは実の大きさで、その差は直径で1.5倍、体積で3倍ほどあります。

ソバという植物にしてみればきっとのびのびと育てる平地のほうが栽培に向いているのでしょう。

しかし、ソバが楽に育てる環境が美味しい蕎麦を生むわけではありません。

タイトルとURLをコピーしました