そばを育てる

仲間と共に全て手作業でそばを育て収穫した記録です

種まき

8月10日(1日目) 驚くような急斜面に位置する畑。トラクター等は入れないので作業はすべて人力です。まずは畑をならします

50cmの等間隔で筋をつけ、そばの種を蒔き、足で埋めます。お盆前、猛烈に暑いです

8月18日(9日目) 一週間もするときれいにそばの芽が生え揃います

種を蒔いた後はひと雨欲しい所ですが、雨が続くとそばの芽が腐り、溶けてしまいます

でも急斜面にあるこの畑は作業こそ大変ですが、水はけが良いので水たまりもできず安心です

中耕作業

8月25日(16日目) そばがまだ小さいうちに、畝間の除草を目的とする中耕(ちゅうこう)を兼ねた陪土(ばいど:土寄せ)を行い、苗の発根を促します

そばが生えた列の間の土の固い表面を雑草と共に削ることで、除草ができ、土中に水が沁み込みやすくなり、土の通気性もよくなります。また、削った土をそばの根元に寄せると、土に触れた部分の茎から新たに根が生え、そばの養分、水分の吸収力が上がり、風雨にも強くなります

9月6日(28日目) そばは順調に成長し、花をつけ始めます

9月13日(35日目) そばの背丈が伸び、花もだいぶ増えてきました

9月28日(50日目)花盛り真っ只中。花の香りが虫を呼び、受粉を促進させます

10月4日(56日目) 黒い実が目立ち始めました

10月19日(71日目) ソバの成長の早さには本当に驚かされます。まさに刈り時です

そば刈り

10月20日(72日目) 朝早くからそばを刈り始めます

そばの株を高めで刈り、その上に刈ったものを寝かせて干す「平干し」がこの地域では昔から行われています

一週間ほどこのまま干していよいよ脱穀です

脱穀

10月26日(78日目) ビニールシートの上にビールの空き箱を逆さに置き、そこに干したそばを叩きつけて実を落とします

脱穀前と脱穀後

夜なべで脱穀作業(叩き)をするしんちゃん

叩いた実をまた一週間ほど干します

11月2日(85日目) 唐箕を使い、そばの実に混ざる塵やアイ(しいな:未成熟な実)を取り除きます

唐箕作業前と後

石を抜いて磨けばピカピカです

そばの茎は燃やして畑に還します

共同作業に参加してくださった方々大変お疲れ様です。ありがとうございました。また来年よろしくお願いいたします。

・ラテンアメリカを中心に活躍するフォトジャーナリストのDさん

・フィリピンの子供たちに寄り添うライターのKさん

・黄色いジャンプマンしんちゃん

・薪釜を積んだPIATTAFORMA号でピザとワインを提供するKさん

・タンゴを弾くピアニストのMさん

・ガムラン奏者のKさん

・いつも適切なアドバイスをくださったご近所のAさん

・そばの成長をいつも気にしてくださっていた赤土の親方夫妻

・畑を提供してくださっているIさん

・私たちを優しく見守ってくださる、家主Iさんの弟さん、妹さんおよび娘さん、息子さんたち

・そば作りを応援してくれる国内外に住む友人たち

まだまだたくさんお世話になった方はいらっしゃいます。お陰様で辛い作業も楽しく行なえ、100Kg以上の玄そばが収穫できました。重ねてお礼を申し上げます。

にのまえ店主 眞家一

タイトルとURLをコピーしました